Top >  手掌多汗症 >  手掌多汗症にボトックス注射

スポンサードリンク

わきが・多汗症治療の詳細情報

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

手掌多汗症にボトックス注射

手指末端から多量の汗をかく症状が特徴の手掌多汗症。これは多汗症の一種です。
手掌多汗症の原因は不明で、その治療は交感神経ブロック治療法やボトックス注射で行います。
手掌多汗症の治療で行われるボトックス注射は、ボツリヌス菌から作られたボトックスを皮下に注入します。
筋肉を収縮させて汗腺を細くし、発汗を抑制させる方法です。
また、交感神経の働きを弱める作用もあるボトックス。多汗症の発汗の緩和に効果的で、アポクリン汗腺やエクリン汗腺の活動を抑制して、汗の分泌を抑えます。
多汗症改善のためのボトックス注射を受けたあと、個人差もありますが約6ヶ月、多汗症の症状改善の効果が継続されます。
ボトックス注射による多汗症の発汗を抑制する働きは一時的なものです。
ですので、多汗症対策の効果を継続させたい場合は、何度もボトックス注射を行う必要があります。

 <  前の記事 わきがと遺伝の関係  |  トップページ  |  次の記事 足の裏の多汗症と靴の中敷  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症の悩み抱えない」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。