Top >  多汗症の原因 >  甲状腺機能亢進症と多汗症

スポンサードリンク

わきが・多汗症治療の詳細情報

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

甲状腺機能亢進症と多汗症

男性では1割、女性なら4割の人に見られる病気である、甲状腺機能亢進症。
甲状腺機能亢進症と呼ばれる病気は、バセドウ病とも呼ばれています。
特に20〜30代の女性に、より多く発症する病気です。
多汗症はこの症状により、起こることもあります。
甲状腺機能亢進症の症状としては、体全身に様々な症状が現れます。
その例としては、動悸、不眠、疲労感などがあげられます。
甲状腺機能亢進症になると、全身に発汗がおこります。これは、甲状腺ホルモンが増加するからです。
そのため、汗を大量にかくという多汗症の特徴的な症状が現れてくるのです。
素人では、甲状腺機能亢進症が原因で起こる多汗症かどうかは判断できません。
そのため多汗症の症状がある場合には、すぐに検査を受けるためにも、病院に行くことが必要です。
甲状腺機能亢進症の可能性が考えられる症状として、不眠や動悸や疲労感、それに伴って多汗症の症状が起こった場合は、病院で検査することをすすめます。

 <  前の記事 耳垢とわきがの関係  |  トップページ  |  次の記事 局所性多汗症とその症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症の悩み抱えない」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。