Top >  多汗症の原因 >  多汗症とたばこの関係

スポンサードリンク

わきが・多汗症治療の詳細情報

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

多汗症とたばこの関係

多汗症を改善したいのであれば、煙草は吸わないに越したことはありません。
多汗症には、喫煙の影響もあるようです。
多汗症の中でも、特に「手掌多汗症」にたばこが影響を及ぼすといわれています。
たばこに含まれているニコチン(中枢神経興奮剤)が交感神経を刺激するからです。タバコを吸うことにより、ニコチンが体内入ります。
そうすると交感神経が刺激され、汗が出やすく、多汗症の症状にも影響するといわれています。
また他に注意する必要があるのは、交感神経を刺激する働きがあるカフェインです。
カフェインは、コーヒーや紅茶にも多く含まれているので、日常的に飲用することで交感神経が刺激され、汗が出やすくなってしまいます。
多汗症対策のためにも、たばこやコーヒー、紅茶の代わりに水を飲み運動をすることが、健康的な生活を送るために大事なことだといえます。

 <  前の記事 多汗症、わきが対策に役立つ汗脇パッド  |  トップページ  |  次の記事 腋の下の3つの腺  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症の悩み抱えない」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。