Top >  多汗症の悩み >  足蹠(そくせき)多汗症とその症状

スポンサードリンク

わきが・多汗症治療の詳細情報

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

足蹠(そくせき)多汗症とその症状

多汗症のひとつに、足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)と呼ばれる足の裏に多くの汗をかく症状があります。
足蹠多汗症は、汗の量が半端ではありません。
例えば、靴を脱いで家に上がると汗で足跡がつくほどだったり、靴下が濡れるだけではなく、サンダルがすべって履けなかいくらいだったりするほどだといわれています。
足蹠多汗症の人は、大量の汗で足の角質がふやけてしまい、細菌と混ざることにより感染を起こし、強烈な悪臭を発することもあります。
わかりやすく言えば、中年男性の靴下の臭いをチーズと比喩するような臭いです。
明確にははっきりとはわかっていない足蹠多汗症の原因ですが、神経的なことやストレスが原因で、ホルモンバランスや自律神経が乱れることから、足蹠多汗症になるのではないかと考えられています。

 <  前の記事 特発性手掌多汗症と特徴  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症の悩み抱えない」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。