Top >  多汗症の悩み >  わきがと遺伝の関係

スポンサードリンク

わきが・多汗症治療の詳細情報

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

わきがと遺伝の関係

多汗症で汗が多いと脇の下の臭いも気になり、わきがではないだろうかと悩むことも多くなります。
しかし多汗症だからといって、わきがになるというわけではありません。
家族にわきがの人がいると、ぐんとわきがになる確率も高くなります。
常染色体優勢遺伝によって、わきがの原因ともいえるアポクリン汗腺の数などが左右されます。
両親がわきがである場合は約75%、片親がわきがの場合は約50%の割合で遺伝するといわれています。
またアポクリン汗腺からの分泌液に含まれるタンパク質や脂肪、鉄分、色素などによるものが原因で、シャツなどの黄ばみが作られます。
そのため、黄色い汗染みができやすい人はわきが体質である可能性も高く、アポクリン汗腺の分泌量が多いと考えられています。
わきが体質の可能性が高い人は、脇の下の皮膚がすこし茶色がかっているといわれています。
遺伝的要素が高いわきがですが、100パーセント遺伝するというわけではありません。

 <  前の記事 腋の下の3つの腺  |  トップページ  |  次の記事 手掌多汗症にボトックス注射  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症の悩み抱えない」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。